チップを渡すタイミング

旅館でチップを渡したほうが良い場合とは

海外でホテルに宿泊すると荷物を運んでくれたボーイさんなどにチップを渡しますが、旅館では心づけと呼ばれ自分のお部屋付きの仲居さんに「気持ち」として渡すものになります。
ただ基本的に旅館の宿泊料にはサービス料が含まれていますので、チップとしても心づけは必要ないとされています。
しかし大人数での宴会で仲居さんにお世話をかけることが分かっている場合や、旅館で普段行っているサービス以上の無理を聞いてもらいたい場合、子供が備品を壊したのに弁償しなくていいと言われた場合などには渡した方が良いこともあります。
その心づけの金額はその状況によって変わりますが2,000~10,000円位が相場で、一般的には3,000円ということが多くポチ袋や用意していない場合はティッシュなどに包んで渡します。
ですが最近では心づけを受け取る事を禁止している旅館も増えてきていますので、何度「気持ち」として心づけを渡そうとしても断られた時は無理に渡すようなことは避けて下さい。

旅館でチップを渡すタイミング

日本では海外と違いチップを渡す習慣がありません。
日本ではチップはサービス料として含まれているので渡す必要がありませんが、旅館に宿泊した時にはチップというより心付けに近い形で感謝の意味を表して渡す事が多いようです。
小さい子供やお年寄りなどお世話がかかる人がいる時には旅館の仲居さんに渡したほうが感謝の気持ちを表す事ができます。
渡す金額は旅館の宿泊料金の10%程度を目安に考えるとよいでしょう。
1泊2日で2000円から3000円、家族連れの場合は5000円位が多いようです。
渡すつもりで宿泊する時には予めぽち袋や懐紙を用意しておき渡すようにします。
急に渡す事になった時でもお金のままで渡すのではなくティッシュペーパーなどに包み渡すようにします。
渡すタイミングは旅館に到着後早めに渡すようにします。
大勢の前ではなくさりげなく渡す事も大事です。
旅館の規則で受け取らないところもありますから迷惑をかけないようにします。

Favorite

Last update:2017/3/16

Copyright (C) 旅館でくつろぐ All Rights Reserved.